アルパパTV

 -「みんな」が見たいWEBメディア-

Translate:

【知らないと損】幸せになるための7つの禁止事項

もしかするとあなたは「自分は不幸なんじゃないか」と思ったりしていませんか?

だとしたら間違いかもしれません。

幸せかどうかはこのたった『7つ』を意識しているかで変わります。

これを知ってあなたも今から幸せな人を目指してみましょう。

 

1、なんでも他人と比べない

Boy eating carrot, friend eating giant apple

不幸な人は「誰かが自分から幸運を奪ってる!」と感じることもあるそうです。

他人を羨ましく思い、嫉妬や怒りを抱いているのです。

 

他人がしていることなど忘れること

現状に満足し、自分がどれほど幸運であるかを理解してポジティブになりましょう。

彼らがどこにいるか、なにを所有しているかなど、いちいち気にするのをやめて自分の道を歩くのが一番です。

 

2、過去の不幸や愚痴を言わない

Businesswomen gossiping in office

過去の思い出や経験は、あなたの未来をつくる上で指針となります。

しかし過去にとらわれすぎると、今あるものを見過ごしちゃう。

 

多少嫌なことがあっても忘れましょう。

現在の状況や夢、将来についてをポジティブに語ることがしあわせへの第一歩。

前向きなパワーを持っているからこそ、好きなことや、将来の可能性を考えるだけで胸がワクワクできるのです。

まずは気持ちを切り替え、前向きな習慣を少しずつ続けること。

それだけで今よりずっとしあわせになれるのです。

 

3、偏った視点で悪い面ばかりを見ない

Young guy showing thumbs down sign

世の中には、間違っていることや正しくないこともたくさんあります。

悪い面ばかりを見て文句を言い、何か自分が脅かされることはないかといつも恐怖を抱いていると幸せにはなれません。

 

もっと悪い面よりも良い面を探すように出来るはずです。

また謙遜することも大切だけど、自分を褒めてあげることも同じくらい大事。

失敗もあるでしょうが、そこから学びさらに成長できます。

決断したあとで自分を批判する必要はありません

ダメなところばかりに目を向けていては、自分の良いところも霞んで見えてしまいます。

広い視野を持ち、偏った意見に捉われず物事を見ることができれば、毎日がハッピーになります。

 

4、うまくいかないのを環境のせいにしない

Stress concept

欲しい物が手に入らない、必要なのに手元にないと人は不幸だと感じるものです。

そして悪い方向ばかり見て悩んでいると、自分がどれほど幸福なのか気づきません

 

現在、不幸を感じるのであれば、それは全てあなたの責任です。

あなたが全責任を負う覚悟さえできれば、同じように他人や環境に依存しない幸せを手に入れられるはずです。

 

5、なにも起きていないのに心配しない

317251_240

将来のことをあれこれ考えて不安に駆られるのは避けましょう。

まだ何も起きていないのですから。

 

心配事は「あとで解決できること」として心の脇に置いておくこと。

日記などに「後で取り組むこと」として書き留めるのもいいかもしれません。

 

一番の見方にしなくてはならない自分がそんなに自分を責める必要はありません

だって頼みもしないのに、批判や不評を突きつけつる他人がいるのだから。

 

6、恨みや怒りに執着する

pressure

自分で決めたことや他人の行動、理不尽な事などに傷つく時もあるでしょう。

こうした辛い経験はすぐ忘れる事もありますが、ときにはそれがいつまでもぐずぐずと引きずってしまうことも。

恨みつらみの感情ばかり抱いていると、何度も同じ苦しみを繰り返してしまうものです。

 

許すことはひとつの解決法だ。

許しなくして、傷は癒えることはないし、自分が成長することもできない。

過去を抹消し、起こったことをすべて忘れろと言っているわけではありません。

恨みや怒りや苦しみなどのネガティブを克服し、悲劇から学んで自分の人生を進めていくことを選びましょう。

 

7、幸せな人と不幸な人の違い

shutterstock_322044281

幸せな人と不幸な人では見ているところが違うだけなんです。

人は誰でも100%幸せな状況の人も、100%不幸な状況の人もいません。

必ず両方が混在しているはずです。

そして問題はその割合ではなく、

幸せな人は、自分が置かれた状況の内、幸せな部分を見る癖があり、不幸な人は、不幸な部分を見る癖があるんです。

 

あなたも、もし自分が不幸せだと思うなら少し見方を変えてみましょう。

これさえ出来ればあなたも幸せになれるはずです。

   

 - 得する話, 感動