アルパパTV

 -「みんな」が見たいWEBメディア-

Translate:

【悲報】展示物が火災で5歳児死亡→どう見ても燃えるだろコレ・・・

6日午後5時15分頃、明治神宮外苑で開催されていたイベント「東京デザインウィーク」の会場で、木製展示物1つが燃え、5歳の男の子1人が死亡する大惨事が起こりました。

また助けようとした父親(44)と男性(40代)も顔などにやけどを負いました。

いずれも軽傷で、命に別条はないそうです。

この火事は6日夕方、新宿区の明治神宮外苑で開催されていたイベント「東京デザインウィーク2016」の会場で展示物の木製のジャングルジムが焼けたものです。

この火事で港区に住む幼稚園児・佐伯健仁ちゃん(5)が全身にやけどを負い死亡したほか、助けようとした健仁ちゃんの父親(44)と男性(40代)が顔にやけどを負いました。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161107-00000035-jnn-soci

ネットのニュースによると、

警視庁と東京消防庁は白熱電球の熱で木くずに引火した可能性があるとみて、7日朝から業務上過失致死傷の疑いで現場検証を行い、出火の原因を調べています。(07日11:19)

まだ正確なことは分かってないみたいですね。

周囲の目撃者によると

・作品の2倍から3倍の高さの火が出ていた。

・『人が中にいる』って叫んでいた。

・亡くなった子供の父親が『何でこんなこと起きちゃったの』と膝から崩れ落ちるような状況だった。

・何かのイベントかと思ったらいきなり悲鳴が聞こえてきた。

・バチバチといっていて、(展示)作品が壊れている音だったと思う。悲鳴というか声があがっていた。

証言から察するにかなり大きな火災となってしまったようです。

本当に何でこんな事になってしまったんでしょうか。

制作者とスタッフの管理が雑だった

14624751_1155331931217045_4063262211336830976_n

日本工業大工学部建築学科の学生を中心につくるクラブ「新建築デザイン研究会」が制作した作品で、

木製の枠を積み上げたジャングルジムで、高さ約3メートル、幅約5メートル。中におがくずを入れ、複数のライトで照らしていました。

事故当時は中にLEDライトが設置されており近くに作業用の白熱電球が設置されていました。

この白熱電球の熱でおがくずが発火したと思われます。

また火災後は入場を中止したが、わざわざ遠方から来て下さったお客も多数いたためイベント自体は続けたそうです。

こちらは当時現場にいた方が撮影した映像です。

これをみてネットでは・・・

・これが燃えるなんて誰でも想像がつく

・なんでライトつけっぱなしだったんだ

・これは酷い

・火災対策できてないのか

これは運営や制作側に問題がありますね。

火事が起こりやすいこの季節、本当に用心しないといけません。

   

 - トレンド